2013年04月21日

今年度の子安地蔵寺「藤むすめ」決定

関西花の寺25ヶ所 第24番目の「子安地蔵寺」(橋本市菖蒲谷)の今年の「藤むすめ」に橋本市の井上真央さん(20歳大学生写真左)と五條市の阪上由佳さん(23歳高校講師)が決まり18日に同寺でお披露目会と昨年の藤むすめさんからの引継ぎがありました。
       
      (写真は子安地蔵寺ホームページから転載)


子安地蔵寺では現在早咲きの白カピタンが満開で、今週末頃からゴールデンウィークの頃が見ごろ。
お二人は赤と紫のはかま姿で参拝者らを案内してくれます。
25日と5月4日の両日午前10時と午後3時から、境内で撮影会(雨天中止)があり、モデルを務めます。

子安地蔵寺は、安産祈願の寺として有名です。
開花状況案内電話案内 (0736-34-2487)
ホームページ http://www8.ocn.ne.jp/~jizouji/index.html


posted by kikucyann at 15:09 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 地域情報

2013年04月20日

桜が見ごろの高野山で、明日(21日) 報恩 高野市

明日4月21日 (日)午前10時から午後4時頃まで、高野町観光事業推進委員会主催による「報恩 高野市」が、高野山観光協会中央案内所横天神様境内及び山内の協力店舗等を会場に、開催されます。

お大師様のご加護を授かり希望に満ちた生活がおくれる事に感謝し、古の「高野市」にならい、様々なおもてなしや催しで街中が賑わいます。
桜も見頃の高野山に、この機会に街中をそぞろ歩いてみてはいかがですか。

高野山内の桜、開花状況です。(4/16現在)

金剛峯寺前の垂れ桜(6〜7分)
伽藍『西行桜』(開花まで若干)
蓮池周辺(7分)
静浄心院の傘桜(満開近し)垂れ桜(4〜5分)
... 高野山まちなか(3分〜7分場所によって異なる)
転軸山森林公園周辺(開花まで若干)

雨で早く散ってしまう事が心配です。

posted by kikucyann at 23:47 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 地域情報

2013年04月19日

20・21日 日本で最大級の餅まき(餅3万8000個+お菓子)もあるイベント白浜商工祭開催 (白浜町)

    

第6回白浜商工祭が20、21両日、白浜町の白浜会館で開かれます。
同町商工会青年部でつくる実行委の主催。
毎回大好評の「日本最大級」と銘打った餅まき(+お菓子)は両日とも午前11、午後2時半に実施、計3万8000個が振る舞われます。
昨年まで田辺市で行われていたこのイベント、今年は「町外の人に白浜へ来てもらい、店を巡ってもらう機会に」と会場を白浜町に移し、出店数は昨年より10店多い56店。各ブースでは食品や飲料水の販売、商品紹介、クラフト体験教室や鉄道模型展示、スポーツ吹き矢体験、フラダンスイベント、健康相談所などもあります。
イベント詳細タイムスケジュール、会場(交通路・駐車場)案内詳細は、 白浜商工祭ホームページ、で確認してください。(冒頭の写真等からジャンプ設定しています。)

問い合わせは実行委(0739・42・4686)
posted by kikucyann at 23:22 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 地域情報

ラ フェスタ プリマヴェラ 21・22日和歌山県を通過

ラ フェスタ プリマヴェラ企画主旨・理念

美白、車ばなれ、引きこもり、ナンパ未経験の草食系男子が増加傾向の現代にあって、日焼けOK、車大好き、好色で肉食系の大人たちが存在します。彼らは草食系の若者と正反対のライフスタイルを貫き、大会に参加し人生を楽しみます。
大会はLa Festa Primavera(春の祭典)と呼ばれ、2009年に誕生、舞台は東海、近畿地方2府6県の約1,000km、この行程を4日間かけて、半世紀以上前に製造された古い愛車で挑みます。
参加者は俗にいう「チョイ悪オヤジ」と呼ばれるような柔(ヤワ)な大人たちでなく、彼らは、逆境大好き辛抱強い大人の反面、よく言えば個性的、悪く言えばわがまま、共通点は子供の頃の感性を失わない冒険好き且つ遊び心を失わない人種の大人たちです。

古くなったら買い換える!飽きたら捨てる!ではなく、古い物をこよなく愛し、夢をなくした瞬間から老いることを知り、人と人との出会いを大切にしていれば、人生はもっと楽しくなるはずです。

このイベント(レース)が和歌山県下を21(白浜泊)・22日に通過します。
コース(通過予定時間):エントリー車リスト等詳細はホームページで確認してください。
ラ フェスタ プリマウェラ ホームページ

posted by kikucyann at 22:47 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 地域情報

2013年04月17日

ゆあさ行灯アート展が始まりました。(湯浅町)

湯浅町が”あたたかな灯り”に包まれます。
第7回 ゆあさ行灯アート展、が17日から始まりました。

日程:2013年4月17日(水)〜21日(日)
時間:18:30〜21:00

展示場所
湯浅町伝統的建造物群保存地区内(北町、北鍛冶屋町、北中町、北浜町)
※雨の場合は「北町ふれあいギャラリー(MAP)」、伝建地区古民家数箇所に展示されます。
 
「行灯アート展」開催の由来
湯浅町は2006年12月19日和歌山県で初めて全国で79番目の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けました。
これを機に伝統ある町に見合った行灯の夜景をつくり、その町並みを散策していただくことを計画したのが由来です。
千年の町並みをオリジナリティあふれる行灯の光が包み込みます。

※写真コンテストもあります。

アトラクション
20日(土)邦楽演奏  出演:風音会 時間:19:00〜 場所:甚風呂

■主催
 グリーンソサエティー 
posted by kikucyann at 22:45 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 地域情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。