2012年01月23日

紀の川を走ろう、ハーフマラソン参加者受付中

紀の川市で4月8日紀の川市桃源郷運動公園陸上競技場を発着点とする「第7回紀の川市桃源郷ハーフマラソン」が開催されます。

21・0975キロを走るハーフマラソン(高校生以上)
3キロ(小中学生)
競技場内を走る(1キロ)ファミリーマラソン(小学生未満は保護者同伴)の3種目。

雨天決行、参加者全員にオリジナルT シャツが配布されます。

ハーフと3キロ部門は年齢別の各部門の1〜6位を表彰、完走者には記録証が発行されます。

参加費は1,000円から3,000円

参加申し込み締め切りは2月10日

問い合わせは紀の川市教育委員会生涯スポーツ課内のマラソン実行委員会事務局 0736-64-9464 
詳細は、下記リンクから
第7回紀の川市桃源郷ハーフマラソン資料


posted by kikucyann at 23:34 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2012年01月22日

歌やダンスで和歌山を元気に(障害者1000人無料招待)

舞台芸術を通したこどもの健全な人権擁護を目指す、大阪市のNPO法人「太陽とひまわりの会」が2月25日、昨年の台風12号の被災地支援と障害者の社会参加を目的に、和歌山市民会館(和歌山市伝法橋南ノ丁)で、「和歌山復興コンサート」を開きます。

コンサートではダウン症の子どもたちによるダンスや、和歌山県内外で活動する歌手らによる歌などが披露されます。

チケットの売り上げの一部は台風の被災地に寄付され、当日は被害の大きかった新宮市や那智勝浦町の特産品も販売されます。

一般公演の前に11時からの公演に、障害者1000人を無料招待してくれます。(本人と同伴者が対象で、定員が埋まり次第受付は終了、希望者は住所、名前を明記して、同NPO法人へファックス(06・6969・1387)またはメール
taiyo_himawarinokai@yahoo.co.jp)まで。

一般公演は午後3時から、入場3,000円、問い合わせは、同法人の栄羽信子理事長(090・5056・5637)へ
posted by kikucyann at 16:54 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2012年01月19日

「そろそろ和歌山に行ってみよう」キャンペーンソング明日原宿で披露

そろそろ和歌山に行ってみよう」と首都圏での観光キャンペーン用に、「ウインズ」が歌う「和歌山ラブソング」の替え歌を募集していた和歌山県観光連盟が、ホームページ(下記にリンクあり)に決定した歌詞と歌を公表しています。

この替え歌は明日(20日)東京・原宿で「ウインズ」がお披露目する。

元歌の指定した歌詞の一部を変える形で昨年9月から募集、全国から105作が集まり、このほど東京の喜田美和さんの作品が採用されました。

元歌の
「きれいな海」・「きれいな山」は「輝く海」・「星降る山」に
「もっと和歌山に自信もとうよ、生まれ育ったふるさとやないか」は「もっと知ってよ和歌山を もっとおいでよ和歌山へ」
「ほこりを持とうぜ和歌山」は「かなう夢がある和歌山」に変えています。
明日は、坂本冬美さんや体操の中田理恵子選手ら和歌山県出身の著名人が勢ぞろいしてこのキャンペーンソングを歌う。
2月2日まで観光宣伝のトラックが曲を流しながら都内を走ります。


そろそろ和歌山に行ってみようキャンペーン2012 和歌山ラブソングが聴けます
posted by kikucyann at 22:11 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2012年01月15日

水仙が開花

和歌山県下にはいろんな花の名所がありますが、南紀由良町大引の番所山から白崎海岸一帯は野生の水仙の群生地で、今この辺りでは白い花が咲き訪れる人を楽しませているそうです。

この辺りは「すいせんの里」と呼ばれ、約10万本もの野生の水仙が2月末ごろまで観賞出来ます。

22日にはこの近くにある「県立白崎青少年の家」で「すいせん祭」があります、祭の詳細は同施設まで、(0738-65-2351)

和歌山市の和歌山公園でも水仙の花が咲き始めました、園内には大手門から二の丸庭園までの沿道に約1万本のニホンズイセンが植えられていて、日当たりの良い場所から咲き始め、2月下旬に見頃を向え3月上旬まで観賞できるそうですよ。


posted by kikucyann at 12:06 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2012年01月12日

合格祈願、南海電車 学文路駅(ご入学)入場券(限定)発売

南海電鉄高野線学文路駅の入場券は、「学問(文)の路に入る」と読めるため、毎年受験シーズンの時期に入場券5枚組み(ご入学)を発売している。(750円) 今年はパス(合格)をイメージして定期券ケース入りで発売されている。 付属の引換券を学文路駅に持参すれば、急勾配で電車の車輪が滑らないように線路にまく「すべらない砂」と交換してくれる。 入場券と砂は、菅原道真をまつる学文路天満宮の祈祷を受けており、南海電鉄では、「桜の時期を笑顔で迎えられるように願いを込めた」といっている。 限定7000組、同電鉄の主要駅やインターネットで購入できる。 問い合わせは、南海テレホンセンター(06-6643-1005)へ 南海電車のページへ
posted by kikucyann at 23:44 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 地域情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。